第8回講座 蓑 豊氏
「美術館が宝石箱から公共の広場に」

神戸ビエンナーレ2015 参与の蓑豊氏(兵庫県立美術館館長)より、美術館の歴史や役割とともに、金沢21世紀美術館をはじめ、いかに集客力のある美術館をつくり上げていくのか、世界各地の美術館での経験と実績を踏まえて語っていただきました。
「美術館に人が集まってこそ、文化が生まれ、新しい感性が生まれる。人が集まる公共の広場としての美術館をつくれば、美術館がまちを変えていく。」と、持論を話されました。世界の集客力のある美術館の具体的な取り組み例などを挙げ、子どもたちにいかに感動を与えるか、夢を持たせることの大切さについて熱い思いを語られました。

標題 「美術館が宝石箱から公共の広場に
講師 蓑 豊
神戸ビエンナーレ2015参与
兵庫県立美術館館長
横尾忠則現代美術館館長
日時 平成27年1月31日(土曜) 13時30分~15時
場所 兵庫県立美術館 レクチャールーム

PAGE TOP

MENU

神戸ビエンナーレ2015
公式ガイドブック発売

美術出版社
www.amazon.co.jp

美術手帖 2015年10月号増刊
神戸ビエンナーレ2015
公式ガイドブック
価格:1,000+税円