第2回講座 大森 正夫氏
「スキの現象学:世界ビエンナーレフォーラムに参加して」

神戸ビエンナーレ2015 アーティスティックディレクターの大森正夫氏をお招きし、神戸ビエンナーレ2015 のテーマ「スキ。」について、2012年に韓国・光州で48団体が参加して開催された第2回「World Biennial Forum(Initiated by the Biennial Foundation )」で討論された世界的潮流との比較を通して語っていただきました。
第1回「World Biennial Forum」での世界各地域の芸術祭のディレクターとの話しや世界の潮流を話され、世界で一番有名なヴィネツィア・ビエンナーレは現代アートだけではなく、様々カテゴリーで展開していることを例示にあげ、「神戸ビエンナーレ」のコンセプト展開と目指す先について語られました。また、神戸ビエンナーレにおいて「アートの力で地域概念を再認識・再評価し、地域の力でアート概念を拡張する。」との方針や、欧米のハイカルチャーではなく、日本で培われてきた、さまざまな文化を神戸ビエンナーレで発信していきたいと話されました。

標題 「スキの現象学:世界ビエンナーレフォーラムに参加して」
講師 大森 正夫
神戸ビエンナーレ2015 アーティスティックディレクター
京都嵯峨芸術大学大学院教授
日時 平成26年10月30日(木) 19時~20時30分
場所 神戸市勤労会館 406会議室

PAGE TOP

MENU

神戸ビエンナーレ2015
公式ガイドブック発売

美術出版社
www.amazon.co.jp

美術手帖 2015年10月号増刊
神戸ビエンナーレ2015
公式ガイドブック
価格:1,000+税円