第1回講座 吉田 泰巳氏
「総合プロデューサーが語る 神戸ビエンナーレ」

第1回の神戸ビエンナーレ学校では、神戸ビエンナーレ2015 総合プロデューサー吉田泰巳氏をお招きし、神戸ビエンナーレのはじまりやコンセプト、次回の内容について語っていただきました。
「日本の文化は過去からの異文化の交わりから形成されたものであり、神戸は新しい文化を受け入れ、その交わりからすばらしいものを生んできた。神戸ほど日本的なところはない。神戸ビエンナーレを通じて最も日本らしい「神戸」を発信していきたい。」との思いや過去のビエンナーレのテーマについて語られました。次回のテーマ「スキ。」についても、何かをスキになることは「原点」であり、「スキ。」の持ついろいろな意味について話されました。

標題 「総合プロデューサーが語る 神戸ビエンナーレ」
講師 吉田 泰巳
神戸ビエンナーレ2015 総合プロデューサー(華道家)
日時 平成26年10月14日(火) 19時~20時30分
場所 神戸市勤労会館 406会議室

PAGE TOP

MENU

神戸ビエンナーレ2015
公式ガイドブック発売

美術出版社
www.amazon.co.jp

美術手帖 2015年10月号増刊
神戸ビエンナーレ2015
公式ガイドブック
価格:1,000+税円