創作玩具国際コンペティション
審査結果

応募総数・入賞作品

■応募総数

71作品(うち海外、5か国・8作品)
(イスラエル4、イラン1、アメリカ1、エクアドル1、台湾1)
※海外在住の日本人を含む(日本国内在住の外国人を除く)

■入賞作品

14作品(海外からの応募2作品(イスラエル2)を含む)

審査日・審査員・審査員講評

■審査日

一次審査:平成27年5月23日(土)
二次審査:平成27年9月14日(月)

■審査員(50音順)

大森 正夫 京都嵯峨芸術大学大学院教授
谷内 眞之助 福井工業大学デザイン学科教授
中辻 悦子 画家、絵本作家
吉田 泰巳 神戸ビエンナーレ2015総合プロデューサー
和久 洋三 童具館館長、和久創造共育普及協会会長

■一次審査員講評

  • 国内外とも応募作品が増え、素材や遊び方のバリエーション豊かな作品が多く、作品自体が充実してきた。
  • 商品として量産可能な「おもちゃ」を作る視点ではなく、作品制作にじっくり時間かけて完成させ、ユニークで自由度の高い「おもちゃ」が歓迎される展覧会は、神戸ビエンナーレの他にないと考える。商品としてはまず見られない、ユニークで驚きのオリジナル作品が選定できた。
  • 作品もバラエティに富んできたが、子どもたちが実際に楽しんで遊べるような作品、単純に楽しめる作品を期待したい。また動きのあるダイナミックな作品も今後期待したい。

■二次審査員講評

  • 多様性に富み、完成度も高く、個性豊かな作品が集まり、見ごたえのある力作が揃った。
  • 量産可能な玩具から一品物のアート性の高い玩具まで幅広い作品が出展された展示会は世界中でも他にない。
  • 玩具のイメージを発展させる個性的な作品を多くの方に楽しんでもらいたい。
  • 回を重ねるごとに玩具そのものの技術面が向上しているが、考えすぎずクリエイティブな発想・単純に子どもたちが楽しめる作品にも期待したい。

展示期間・展示会場

■展示期間

2015年9月19日(土)~11月23日(月・祝):66日間

■展示会場

メリケンパーク(イベントテント内)

賞・賞金

神戸ビエンナーレ大賞(1作品) 賞状、トロフィー、賞金 100万円
準大賞(1作品) 賞状、賞金 20万円
審査員特別賞(3作品) 賞状、賞金 3万円
奨励賞(2作品) 賞状、賞金 3万円
入賞(7作品) 賞状、賞金 3万円
  • 入賞作品の中から、二次審査(実物)で大賞等を決定

PAGE TOP

MENU

神戸ビエンナーレ2015
公式ガイドブック発売

美術出版社
www.amazon.co.jp

美術手帖 2015年10月号増刊
神戸ビエンナーレ2015
公式ガイドブック
価格:1,000+税円