隔壁の陶

奨励賞

隔壁の陶

[作品コンセプト]
電動ろくろ成形は基本的に回転体を“形づくる”方法である。 その限られた成形方法で、内と外を有する自然に存在するものをモチーフとし造形して行く。 有機的なモチーフのもと、曲面に垂平、垂直の構成で面を浅く削り出し、語り過ぎない作品づくりを前提としている。

今田 拓志イマダ タクシ広島県

1970年 岡山県生まれ
1996年 東京芸術大学大学院美術研究科陶芸専攻修士課程修了

《主な展覧会・賞歴》
2010年 佳作賞(「現在形の陶芸萩大賞展」)山口県立萩陶芸美術館/萩市
2012年 現代の造形Life & Artふれる器Feel Ceramic/東広島市立美術館/東広島市
2013年 富本賞(「第68回 新匠工芸会展」)/東京・京都
2014年 「際」(個展)/銀座黒田陶苑/東京
2014年 日本工芸会中国支部長賞(「第57回 日本伝統工芸中国支部展」)/岡本県・広島県

< 前の作品 次の作品 > 他の作品を見る

PAGE TOP

MENU

神戸ビエンナーレ2015
公式ガイドブック発売

美術出版社
www.amazon.co.jp

美術手帖 2015年10月号増刊
神戸ビエンナーレ2015
公式ガイドブック
価格:1,000+税円