あいだのこと

入賞

あいだのこと

作品全体が表示されます。

[作品コンセプト]
「ある」と「ない」が移り変わるその瞬間を絵画の中で永遠にしてみたいと思った。何かと何かあるいは人と人の「すき」間、そこに何かが「ある」と感じる瞬間に何が起こるのか、考えるきっかけになれば幸いである。

村瀬 都思

村瀬 都思ムラセ トシ東京都

1984年愛知県生まれ 東京都在住 / 2009年武蔵野美術大学大学院日本画コース修了
「おもいだす」行為からくる記憶と実際の記録のずれや、あるものとないものの境目、かつて何かあったという痕跡としての「空洞」などをテーマに、主に平面作品を制作しています。

ホームページ http://lamb-log.blogspot.jp/

《主な展覧会・賞歴》
2014年 個展「くうどうをみつめる」/Gallery Forgotten Dreams/東京 他2012,11年
2015年 「第4回 トーキョー・アート・ナビゲーション・コンペティション」大賞/東京、
             「損保ジャパン日本興亜美術賞 FACE 2015」入選/東京
             「横浜アートコンペティション2015」入選/神奈川、
             「美術新人賞 デビュー2015」入選/東京

< 前の作品 他の作品を見る

PAGE TOP

MENU

神戸ビエンナーレ2015
公式ガイドブック発売

美術出版社
www.amazon.co.jp

美術手帖 2015年10月号増刊
神戸ビエンナーレ2015
公式ガイドブック
価格:1,000+税円