富士山牛車

準大賞

富士山牛車

[作品コンセプト]
鏡に映し出された木製の四つの車輪は直径約540cm。車輪の意匠は富士山で、それをはめた牛車はコンテナを2段に積んだ高さになる。この大きな乗り物は、行く先が見えぬ世の中をゆっくりと見据えながら進んでいく。

【協賛・協力】
市川平 「彫刻・立体造形専用移動光源装置」提供

石上 和弘

石上 和弘イシガミ カズヒロ静岡県

1966年静岡市生まれ。1991年武蔵野美術大学彫刻学科卒業、静岡市在住、木やFRPを素材に彫刻を制作している。2015年「めぐるりアート静岡」では、アトリエ横の牛舎の牛と展示した彫刻の牛を対峙させた。

《主な展覧会・賞歴》
2013年 個展「BOTANICOW」 金座ボタニカ(静岡)
2014年 個展「富士景」 マキイマサルファインアーツ(東京)
             個展「ポテトチップス/マン」 現代ハイツギャラリー伝(東京)
             富士の山ビエンナーレ2014(静岡)
2015年 めぐるりアート静岡 静岡県立美術館(静岡)
< 前の作品 次の作品 > 他の作品を見る

PAGE TOP

MENU

神戸ビエンナーレ2015
公式ガイドブック発売

美術出版社
www.amazon.co.jp

美術手帖 2015年10月号増刊
神戸ビエンナーレ2015
公式ガイドブック
価格:1,000+税円