WUTBUERGER

入賞

WUTBUERGER

[作品コンセプト]
ビデオ・インスタレーション手法を用いた作品“WUTBUERGER”はあるドイツ人男性の半生における怒りや個人的挫折などを表現したものである。主人公である Stefan W.氏が過去のいくつかの年代を思い返す様子を事前に撮影したビデオを使用する。鑑賞者は彼の行動が自分に直接語りかけているかのようなイメージを体験する。

Andreas Lutz and Christoph Gruenberger

Andreas Lutz and Christoph Gruenbergerドイツ

【Andreas Lutz (※1981年 西ドイツ)】
Offenburg応用化学大学 卒業。メディアと情報科学、デザインと双方向性と音声の実験的な分野で仕事をする。人とコンピュータの双方向性や型にはまらない芸術的な活用について専念している。このプロジェクトでは総合的なデザインによる対話と講演をしている。

《主な展覧会・賞歴》
2010年 ニューヨークでインターネットのアカデミー賞と称される国際賞「Webby Awards」を入賞、
             フランクフルトで世界的に定評のあるデザイン賞のひとつである「iFデザイン賞」を入賞
2012年 ベルリンの「Campus Party Europe」でグループ展
2013年 カールスルーエの「ZKM Karlsruhe」でグループ展
2014年 ロンドンの「PFF 6th London Arts Festival」でグループ展
< 前の作品 次の作品 > 他の作品を見る

PAGE TOP

MENU

神戸ビエンナーレ2015
公式ガイドブック発売

美術出版社
www.amazon.co.jp

美術手帖 2015年10月号増刊
神戸ビエンナーレ2015
公式ガイドブック
価格:1,000+税円