関根伸夫「位相―大地」 再制作プロジェクト2011

1968年に第1回神戸須磨離宮公園現代彫刻展に発表された、関根伸夫氏による「位相―大地」は、美術界に衝撃的な反響を呼び起こし、「もの派」を含む日本の現代美術の動向に決定的な影響を与えました。また、現代の都市環境、自然との相互の関係のあり方にも深くかかわり、極めて現代的な意義を持っています。
神戸芸術工科大学では、関根伸夫氏の全面的な協力のもとに、ゆかりの神戸の地において43年ぶりに「位相―大地」の再制作と展示を行い、広く一般に公開します。 当時の人々にもたらした、その作品の衝撃的な魅力、土と光、アートと環境との実り豊かな関係を再体験する貴重な機会となります。 若い学生を含めて様々な世代の人々が、本プロジェクトを通じて、今日のアートや環境に対する新しい見方を発見し、新たな創造を生み出す刺激となれば幸いです。

関根伸夫「位相―大地」1968年、(H270×φ220cm)×2、大地
第1回神戸須磨離宮公園現代彫刻展 朝日新聞社賞受賞
写真撮影:村井修

プロジェクトは、本作品を原寸で再制作・展示します。

会期 2011年9月22日(木)~10月14日(金)
※ただし10月2日(日)は学内行事のため、一般公開はいたしません。
開場時間 午前10時から午後5時まで
会場 神戸芸術工科大学キャンパス 扇形広場
入場料金 無料
主催 神戸芸術工科大学、神戸ビエンナーレ組織委員会、神戸市
特別協力 株式会社吉田造園土木

当時現代美術の多様な傾向の変遷の中で影響された私は、現代の美術は結局のところ新しい空間の 解釈法を発見もしくは発明するしかないと考えていった。したがって、様々な分野に興味を持ち、 美術と同じ意味で空間が認識できる世界が問題だった。そんな中で当時私は、位相幾何学と禅と 老子に占領されていった。最も現代的で柔軟な空間認識が可能である位相幾何学と禅の公案や老子 の無為自然は奇妙に私のなかでは一致していた。

関根伸夫
1942年 埼玉県生まれ。
1968年 多摩美術大学大学院油画研究科修了
第1回神戸須磨離宮公園現代彫刻展朝日新聞社賞
第5回長岡現代美術館賞展 大賞
1970年 第35回ヴェネツィア・ビエンナーレ出品
1973年 環境美術研究所設立、日本の環境美術の流れの先駆的存在となる
1978年 ルイジアナ美術館他欧州巡回個展
2003年 川越市立美術館個展
2010年 神戸芸術工科大学大学院客員教授
2011年 神戸ビエンナーレ「しつらいアート国際コンペティション」審査委員
特別公開講座
講演者 関根伸夫(環境美術家、神戸芸術工科大学大学院客員教授)
講演タイトル 「「位相―大地」をめぐって」
講演日時 2011年9月26日(月)午後4時、聴講無料
講演会場 神戸芸術工科大学吉武記念ホール(定員400名)
アクセス 神戸市営地下鉄(西神・山手線)
「学園都市」駅より徒歩約6分
お問い合わせ 神戸芸術工科大学 関根伸夫「位相―大地」 広報入試課
TEL:078-794-5039
http://www.kobe-du.ac.jp/
お問い合わせ

神戸ビエンナーレ組織委員会事務局
〒650-8570 神戸市中央区加納町6丁目5番1号 神戸市役所1号館17階(2012年6月より移転しました)
TEL:[代表]078-322-6490/[コンペティション・イベントに関するお問い合わせ]078-322-6598
FAX:078-322-6136
E-MAIL:kb_office@kobe-biennale.jp

会場券 乗船券・シャトルバス アクセス情報 招待作家展(兵庫県立美術館)
今回のテーマはきら(kira) 神戸ARTサポーターズ登録者募集 神戸ビエンナーレシンボルマークダウンロード
神戸ビエンナーレ2011
公式ガイドブック発売

神戸ビエンナーレ2011
公式ガイドブック
(美術手帖2011年10月号増刊)

「アートで歩く、神戸の完全ガイド」9月14日から全国の書店で発売開始。全作品、イベントを網羅。全会場詳細マップ。見どころ・食べどころ・寄り道どころの情報満載
価格:1,260円(税込)

過去の開催情報