シンボルマーク

神戸ビエンナーレのシンボルマークは2006年に公募を行い、応募のあった1108作品のなかから選ばれたものです。

■作者
一戸健一氏(静岡)
■作品説明
ビエンナーレの「B」と神戸の「K」をモチーフに、美術をはじめ、いけばな、音楽、ファッションなど総合芸術をデザイン。赤の円は日本を意味し、躍動感のある流れるラインは交流をイメージ、国内外に向けての発信を表現。芸術文化の出合いの場「神戸ビエンナーレ」をシンボライズしました。
神戸ビエンナーレ シンボルマークダウンロード
神戸ビエンナーレ2011 シンボルマーク(JPEG形式) 形式:JPEG
ファイルサイズ:3977px × 2776px
ファイル容量:172KB
■M100/Y100 ■K100
神戸ビエンナーレ2011 シンボルマーク(PDF形式) 形式:PDF
ファイル容量:63KB
■M100/Y100 ■K100
シンボルマーク使用に関する規約
■目的
この規約は、神戸ビエンナーレ組織委員会が、神戸ビエンナーレ2011のPRおよび事業コンセプトの推進に寄与し、気運を高めると認められる協賛事業等でシンボルマークを使用する場合に必要な事項を定め、本事業の推進を図ることを目的とする。
■用件
  • シンボルマークを使用し、神戸ビエンナーレのPRに努めること。
  1. 神戸ビエンナーレ組織委員会および神戸市の信用または品位を害するおそれのある場合。
  2. 宗教的行事または政治的色彩を有している場合。
  3. 公序良俗に反するおそれのある場合、そのほか社会的な非難を受けるおそれのある場合。
■注意事項
  • 変形してはいけない。縦横の比率を変更してはいけない。
  • カラーの場合、許可なく色を変更してはいけない。
  • 識別性を損ねてはいけない。
  • ロゴ部分の入れ替えや、フォントを変更してはいけない。
■使用サイズ

シンボルマークを小さなサイズで使用する場合、つぶれ等が生じてイメージを損なうことがある。それを避けるために下図に示した最小使用サイズが規定されている。これらはコミュニケーションマークを印刷物に使用する場合の最小サイズの規定値であり、この数値以下のサイズで使用してはならない。

印刷物以外については条件が多様なために特別な規定はない。しかし、個々のアイテムに応じた再生可能な限界をそれぞれの最小使用サイズとする。

お問い合わせ

神戸ビエンナーレ組織委員会事務局
〒650-8570 神戸市中央区加納町6丁目5番1号 神戸市役所1号館17階(2012年6月より移転しました)
TEL:[代表]078-322-6490/[コンペティション・イベントに関するお問い合わせ]078-322-6598
FAX:078-322-6136
E-MAIL:kb_office@kobe-biennale.jp

会場券 乗船券・シャトルバス アクセス情報 招待作家展(兵庫県立美術館)
今回のテーマはきら(kira) 神戸ARTサポーターズ登録者募集 神戸ビエンナーレシンボルマークダウンロード
神戸ビエンナーレ2011
公式ガイドブック発売

神戸ビエンナーレ2011
公式ガイドブック
(美術手帖2011年10月号増刊)

「アートで歩く、神戸の完全ガイド」9月14日から全国の書店で発売開始。全作品、イベントを網羅。全会場詳細マップ。見どころ・食べどころ・寄り道どころの情報満載
価格:1,260円(税込)

過去の開催情報