2011年の開催について

開催概要
■名称
~港で出合う芸術祭~ 神戸ビエンナーレ2011
■テーマ
きら kira
■会期
2011年10月1日(土)~11月23日(水・祝)(54日間)
■会場

神戸ハーバーランド
【有料(一部無料)】有料エリアは10:00~18:00(入場は閉場30分前まで)

ポーアイしおさい公園
【無料】公園内にて野外設置

兵庫県立美術館
【有料】10:00~18:00(入場は閉場30分前まで)

元町高架下(JR神戸駅~元町駅間)
【無料】11:00~19:00  他

■事業費
約3.3億円
■主催
神戸ビエンナーレ組織委員会 神戸市
■共催
兵庫県
■後援
文化庁、兵庫県教育委員会、神戸市教育委員会
朝日新聞社、朝日放送、NHK神戸放送局、関西テレビ放送、Kiss FM KOBE、神戸新聞社、産経新聞神戸総局、サンテレビジョン、日本経済新聞社、毎日放送、読売新聞神戸総局、読売テレビ、ラジオ関西(50音順)
■公式サイト
http://www.kobe-biennale.jp/
■事務局ブログ
http://kobebiennale.blog.eonet.jp/
■シンボルマーク
作者:一戸健一氏(静岡)
ビエンナーレの「B」と神戸の「K」をモチーフに、美術をはじめ、いけばな、音楽、ファッションなど総合芸術をデザイン。赤の円は日本を意味し、躍動感のある流れるラインは交流をイメージ、国内外に向けての発信を表現。芸術文化の出合いの場「神戸ビエンナーレ」をシンボライズしました。 シンボルマークの詳細・ダウンロード・規約はこちらから
テーマ:きら kira

21世紀に入り堆積した課題が徐々に姿を現し始める中で、強固なまでに確立した近代のパラダイムが次々と崩壊する今、私たちに求められているのは人間環境への本質的問いかけや新機軸構築への提案でしょう。
今こそ精鋭化された芸術文化の力を結集して、輝きある明日を切り開かなければなりません。

神戸ビエンナーレは、日本の、そして神戸の歩みと今の彩りにアートの力を注ぎ、そのキラメキを世界に発信しようとしています。
さまざまな人と世界が「出合い」(2007のテーマ)、互いの「わ」(2009のテーマ)を育み、そしてそれぞれの輝きに気づきはじめる時、神戸ビエンナーレ2011は、テーマを「きらkira」にしました。
神戸を象徴する海の煌めき、心を弾ますまちのイルミネーション、通りを彩る花飾り、六甲山からの夜景の宝飾、そして悠久の歴史と異文化に華やぐ好奇へのトキメキ。神戸は輝きに溢れた光のまちです。オシャレな歴史は、あらゆるものに輝きを与える歴史と風土に恵まれたからでしょう。
そして、そこで魅力に満ちた特異な資源と市民気質が培われてきたのです。今回、アートの分野のみならず、まちと市民生活に息づくさまざまな資源や資質に光を当て、見過ごされがちに潜む活力までもが光沢を放つことができれば、まちは華やぎ、そのキラメキは星座のごとく世界を結び、ドラマを生むことでしょう。

人もまちもアートも、一つ一つの輝き(きら)がそれぞれの輝き(きらきら)へと連呼し始め、そのキラメキの中に歴史も環境も越えた新たな文化創生のパラダイムが生まれることを願っています。神戸ビエンナーレ2011は、今、時代が求めている「きらkira」な世界を求め、そしてまちに展開します。

基本方針
~アートを活かしたまちづくり(文化創生都市の実現)~

神戸ビエンナーレ2011では、アートの力で様々なまちの資源の再認識・再評価と魅力発信、創造的人材の集積、多様な市民参画と芸術文化の交流、芸術文化活動の連携を行い、いきいきとしたまちの賑わいや活力を市民やアーティストと共に創り出していくことを目指します。

1.まちの資源の再認識・再評価と魅力発信

アートを活かしてまちの資源を再発見・再評価し、再生・活用につなげることで、神戸の魅力発信、賑わいの創出を目指します。
また、神戸のまちの歴史の蓄積・デザインの豊かさ・コンパクトな都市空間を最大限に生かし、世界から様々な芸術文化を受け入れ、多様な芸術・文化を集積してきた港町・神戸の都市イメージを発信します。

2.創造的人材の集積

コンペティション形式による作品展示により新進アーティストの発掘・育成を行うとともに、国際的なアーティストの招待展示によりビエンナーレ全体として質の高い作品展示を行い、デザイン都市にもつながる多様な創造的人材の集積を図ります。

3.多様な市民参画と芸術文化の交流

神戸で日常的に活動する芸術文化団体との協働やビエンナーレの前後を通してボランティア活動への参加を呼びかけるなど、多様な市民参画につなげるとともに、国内外から集まったアーティスト、デザイナー、クリエイター達との交流の機会を提供していきます。

4.芸術文化活動の連携

ビエンナーレを通じて芸術文化の連携を拡げ、神戸から兵庫、そして、瀬戸内海、アジア、世界へとパートナーシップの形成を目指します。

お問い合わせ

神戸ビエンナーレ組織委員会事務局
〒650-8570 神戸市中央区加納町6丁目5番1号 神戸市役所1号館17階(2012年6月より移転しました)
TEL:[代表]078-322-6490/[コンペティション・イベントに関するお問い合わせ]078-322-6598
FAX:078-322-6136
E-MAIL:kb_office@kobe-biennale.jp

会場券 乗船券・シャトルバス アクセス情報 招待作家展(兵庫県立美術館)
今回のテーマはきら(kira) 神戸ARTサポーターズ登録者募集 神戸ビエンナーレシンボルマークダウンロード
神戸ビエンナーレ2011
公式ガイドブック発売

神戸ビエンナーレ2011
公式ガイドブック
(美術手帖2011年10月号増刊)

「アートで歩く、神戸の完全ガイド」9月14日から全国の書店で発売開始。全作品、イベントを網羅。全会場詳細マップ。見どころ・食べどころ・寄り道どころの情報満載
価格:1,260円(税込)

過去の開催情報